FC2ブログ

Sun.

「Nexus 6」をもっと使い込む  

5b5194c7.jpg

「Nexus 6」をよりもっと紹介してみようと思います。

さて、タイトルは使い込むという命題にしていますが、Nexusの場合、実質Nexus6を使いこなす=androidを使いこなすということになるので、どうかなって感じなんですが、あえてわかりやすくする為にこうしておきました。

しかし、Nexusは便利でいいですね。ああ、端末のことは勿論ですが、そういう意味だけじゃなくブログを書く者にとって、ライターさんとか、androidスマホを説明する人にとってはこれ以上にない端末ですよね(笑)
スマホ初心者に説明するときや、androidを説明するときに一台は持っておいたら便利ですよね。ガジェットブロガーには是非持っておきたい一台。これがXperiaやgalaxyだったら、ちょっと面倒です。


【ホームから違う】Google Now
ここ約一か月、ロリポップを毎日触ってきましたが、ホントに素晴らしいOSですね。今でも評価は変わっていません。
まずは、ホームからなんですが、新機能としてホームからの「Google Now」直接アクセスがあります。これが個人的には最高。
これによって直ぐにニュースと天気がわかり、情報がすぐ得られる。しかもホームにあるから嫌でも見る気分じゃなくてもニュースを見てしまう。5.0以前のユーザーよりも明らかに知識人になれます。約一週間分の気温も見れるので他人よりもダンチで差をつけれる。まあニュースはNowなんで自分の好きなニュースしか表示されないんですけどね。足跡からデータを得るので。でもこれがあるとないとでは全然違うと思います。情報社会の現代、この機能はものすごく役に立つし差をつけれること間違いなし。
Screenshot_2015-05-09-22-35-34[1]

↑矢印の方向にフリックするだけ。

Screenshot_2015-05-09-22-35-53[2]

↑スッとNow表示。最初は地味な機能だと思ったが、後で物凄く便利ということに気付く。

この機能は、スマホの電源を入れたら見てしまうといっても過言ではありません。
目が覚める→スマホで時計チェック→Nowに行ってしまう といった流れに自然と体が行ってしまいます。最初は邪魔だなーと思っていたものの、毎日使う必須の機能となってしまいました。
自分はスマホで主に使う用途はネットサーフィン、調べものといったブラウザ関連ですが、このNowのおかげでネットに使う時間三分の一はNow経由のブラウザとなってしまいました。

マテリアルデザイン
そうです。一番大事なことを紹介するのを忘れていました。
それはandroid 5.0ロリポップを象徴するマテリアルデザイン(Material Design)ですよね。
21世紀初頭のデザインを作ったのは自分はappleだと思うのですが、今後はもしかするとマテリアルデザインが主流となって来るかもしれません。初めて見たときはそれほど衝撃的でスタンダードなデザインでした。フラットデザインに非常に似ていて、今後はフラットな見た目が主流になってきそう。ですがフラットとは厳密には違っていて、こちらはメタファーからくるものであり、より進んでいるものです。


そして「MaterialUp」というサイトでは優れたマテリアルデザインとは何かがわかり、素材のダウンロードも可能です。
http://www.materialup.com/

こちらのサイトでもマテリアルデザインを詳しく説明しています。
Googleマテリアルデザインとフラットデザインって結局何が違うの?


それがGoogleの提唱するマテリアルデザインです。そしてそれがロリポップに初めて搭載されるわけです。
先程のホーム画面からのNow説明時でももう画面を見せちゃいましたのでどういう見た目かはわかると思いますが、
分かりやすくウィジェットで紹介。

09 - 1

↑一部を除いてマテリアルデザイン。

一応、前世代バージョンを使っている人も一部マテリアルデザインを垣間見ています。
例えばアプリのアップデートなどでアイコンがマテリアル化していますよね。
またGoogle関連のホームページは全てマテリアル化しており、もうインターネットを使っているほとんどの人が見ていると思います。

また上部の通知欄もカラーが変わりアプリのイメージカラーと合わさることになり、ここも大きく変わった点です。

Screenshot_2015-05-09-23-42-34[1]
↑youtubeなら赤色に変わり・・・


Screenshot_2015-05-09-23-42-53[1]

↑PLAY ゲームなら緑色。


Screenshot_2015-05-09-23-44-48[1]

↑KEEPなら黄色


Screenshot_2015-05-09-23-42-07[1]

↑Play musicならオレンジになります。


マテリアルデザインと並んでポップな印象を与えますね。


下部アイコンも変わる

SnapCrab_NoName_2015-5-9_23-55-47_No-00.png

ホーム、ウィンドウ、バック。下部アイコンも遂に変わりました。ここも大きな変更点。


キーボード
Screenshot_2015-05-10-00-14-14[1]

標準のAndroid 5.0 LollipopのIMEはマテリアルデザインに合わせている為フラットで非常にわかりやすいですね。
また上記の通りフリック入力を主に使っている方はサイドにもガイド的に文字が表示されるため分かりやすくより高速な入力が可能です。


壁紙
マテリアルデザインに影響された11種類の壁紙から選ぶことができます。
Screenshot_2015-05-10-00-19-21[1]



【機能面、ハードウェア面】タップ&ゴー機能
141123Lollipop_tap_and_go.jpg

まずはタップ&ゴー機能。NFCを介して行う機能ですので、NFCが搭載されていないスマホでは使えませんが、現行の高級機ならどれも対応しているので困ることはないでしょう。
さてこのタップ&ゴーなんですが、これはセットアップ時から最初に出る画面です。アプリの再インスコが面倒ってときも前使っていた端末からNFCでサッと移すことができます。クラウドから引き出すより自分は新機能のこちらをお勧めしたいです。
susifkkkkkk.jpg


デフォルトランタイムがART
Android 5.0 Lollipopから、デフォルトのランタイムにARTが採用。これによりアプリの起動や動作がこれまでのDalvikより早くなります。


アプリ履歴の大きな変更
カード型に変更。Lollipopの滑らかなアニメーションでスムーズに動きます。また、一番大きな変化はこれまでクロームブラウザ使用時はクロームアプリ内でタブの削除/生成を行っていましたが、これからはこの履歴にタブが生成されることになります。シークレットタブも一緒になります。
Screenshot_2015-05-10-00-33-29[1]



「OK Google」もどんな場所でも利用可能に
android wearの登場ゆえか、どんな場所でも日本語で「OK Google」と話せば検索ができます。
流石に、まだ日本では時代が追い付いていないのかこれを話して見かける人は見ませんが・・・
まだやるのは恥ずかしいですよね。家でこっそり試してみましょう。例えばホーム画面からでも。
Screenshot_2015-05-10-00-43-42[1]



この他、まだまだ機能は沢山あります。
大幅な一新が加えられたAndroid 5.0 Lollipop。まだまだ使っていない機能がありますね。
そして、まだまだ、Nexusを使いこんでいくつもりです。

2015/05/10 00:48 [edit]

category: PC・Gadget

thread: android - janre: コンピュータ

tag: android  Nexus6  スマートフォン 
tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→https://mixindex.blog.fc2.com/tb.php/193-0edd8318
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

▲Page top