--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Sat.

BKC50を更に使い込んでみた  

20140627101143b16.jpg

前回の記事で、予約していたXperia Z2 Tablet の純正キーボードが届き、さっくりとしたレビューを書きました。しばらく使って落ち着いてきたので、今回はより詳しく踏み込んでいこうかと思います。購入の参考になれば幸いですね。

結論を言うと、ホントに、ブログを書く身としては、大変便利で重宝しています。
ただでさえとりまわしやすいスマートフォン/タブレットですが、加えて物理キーが加わることにより、何処でも気軽に使える+タイプが早くなり素早くストレスフリーで記事がかける。
パソコンは、いくらUltrabookになった時代とはいえ、やはり重さ、薄さ、立ち上がりの遅さ、すべてにおいて本品の組み合わせに劣っていることになります。
正に世界最薄、最軽量のZ2tabだからこそ、よりこの利点が際立っていると感じます。
キーボードのみで約200gの超軽量、そして何よりの薄さ。厚み5mmなんですよね、これ。
寸法、サイズは以下の通り
201406281718013cb.jpg

いろんな機器に使用できるか試しました。

・iPhone5
2014062819090971d.jpg

ゲーム機器にも試せるかやってみました
・PS vita
20140628191929fd7.jpg

ホーム画面も指示キーで操作可能。
201406281926141f8.jpg

恐らく据え置きゲームコンソールも行けると思います。当然ですけど。

本キーボードには曲を再生/一時停止するキー、早送りキー、早戻しキー、停止キー、音量ボリュームアップ/
ダウンキーがあったりと音楽鑑賞に必要なキーが一通り揃っているのも魅力です。
20140628193752d01.jpg
ウォークマンアプリでダフトパンクの曲を流しています。


ここからは不満点なんですが、ゴム製でできているので、ゴミ、埃が付着しますね。
加えて製品の特性上折り畳んで持ち運ぶときガバガバで、固定するために付属のゴムバンドで固定するのですが、それなら始めから本体に内臓していてほしい、、、いちいち取り外すのは面倒だし、紛失の危険性もあります。
考えれそうな不満点が転がってるのが昔からのSONY製品ですよね。
ただバンドが内蔵されていないので、見た目はスタイリッシュに見えます。

最後にいくつか写真を撮りました。購入の参考になれば。
201406281937249b6.jpg

201406281937261c0.jpg

2014062819374887f.jpg

20140628193752086.jpg

20140628193822b9f.jpg

201406281938242d5.jpg

20140628193825846.jpg

20140628193843022.jpg

20140628193844182.jpg


ソニー Xperia Z2 Tablet用カバー付きBluetoothキーボード BKC50ソニー Xperia Z2 Tablet用カバー付きBluetoothキーボード BKC50
(2014/06/27)
ソニー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

2014/06/28 20:56 [edit]

category: PC・Gadget

tb: 0   cm: 0
20140627100438351.jpg

前にXperia Z2 tabletを購入した記事を書いたことと思います。
ソニーストアで予約していたXperia Z2 の純正キーボード(BKC50)が届いてきました。写真の通りBluetooth式そしてSONY製品ですのでNFCまでもついています。使ったことがある人なら分かると思いますがこれがとても便利。
20140627101143b16.jpg

裏面
20140627102827242.jpg


折角10インチという大画面タブレットを買ったもんですから、キーボードを買って疑似PCにしようという魂胆です。
もしうまくいけばノートPCいらない⁉っていうこともあり得るので。実際スマートフォンを手にしてからは、めっきりPCを動かす回数は減りました。前にも言いましたがXperia Z2tabletは世界最薄、最軽量を謳っているタブレットです。ノートPCの更にUltrabookよりも薄い端末でPCに近い環境がうまくいけば得られるというもの。期待に胸をを踊らせながらとどくのを待っていました。

さあ、開封してみましょう。キーボード、保護ケース、留めバンドが同梱されていました。本品はキーボード兼保護ケースも兼ねています。折角のZ2の薄さが台無しって方はキーボードのみの運用もできるって訳です。
2014062710342331c.jpg

そして早速開けてみて一番驚いたのが物凄くキーボード事態が薄いということでした。なんとZ2tabletよりも薄いのです。本当にキーがうてるのか心配ですがあまりの薄さに、本品はMICRO USB端子での充電ですがそこの部分だけ段差ができて盛り上がっているほど。つまりキー部分はその端子よりも薄いのです・・・
でも、これは今後のXPERIAシリーズがまだまだ薄くなりそうな予感すら感じさせてくれる・・・!(だとするならフルフラットデザイン廃止?)
2014062710463786d.jpg

キーボード全貌。ちなみに音楽再生停止のキーまでついています。
201406271046574c0.jpg

そして便利なNFC対応
2014062710465961c.jpg

こちらはカバー。
カバーをつければ本体ガード+疑似ノートPCになりますが、代償として持ち味の薄さを失ってしまう。カバーはゴム製で衝撃に強そうで何より。
201406271047003bd.jpg

このように上下にゴムせいの爪があり、下部にキーボード、上部にタブレットをはめ込めば疑似ノートPCに。勿論Bluetoothで繋がっているので嵌め込まなくてバラバラでもOK。
201406271055453d7.jpg

はめ込んで折り込めば疑似ノートに!ホーム画面のアプリまでキーで選択可能。
201406271101184a5.jpg

ただ1つ欠点。畳むとき留めるのがケースにマジックテープなり紐なりでもついてればいいのですがこのバラバラになってる結束バンドで古定しなければなりません。
20140627110531368.jpg

取り扱い説明書の説明が、端的にいうと留めろってだけしか書いていなく始めてみるタイプの留め具なので説明が不十分だと思いました。で留めたとしてもなぜバラバラに?という感じです。それならいっそ本体に留め具をつけるか別のとめかたでいいと思います・・・紛失する可能性もあるし。

不満はそこくらいです。いい買い物でした。ただ本機は文字うちを多用する方以外は特に必要性は感じませんでした。私はブログをやってるので多いに便利でしたが、Webの検索ワード程度の短文しか打たないって方は、買わなくていいと思います。それならわざわざ重量あげて一万円以上払う意味は無いでしょう。今のこの記事もBKC50で書いていますが、PCと同様でしかもコンパクトになって記事がかけていますので、大変便利でした。

2014/06/27 11:18 [edit]

category: PC・Gadget

tb: 0   cm: 0
o0400024012130007102.png

もはやトロフィーブースターとして欠かせないタイトルであるサウンドシェイプ。
トロフィーを扱うブログとしては紹介しておかないと、ということで。
まあ、トロフィーだけでなく本作は音楽ゲームで、それも音作りやクリエイトを中心とした、ある意味真の(?)音楽ゲームで、よくゲーセンでオタク達がやる一般の音楽ゲーム(流れる譜面を叩く)を指すものではありません。音ゲーとして新たなジャンルを切り開いたこととして私は高く本作を評価します。
PS3,PS4,PSvitaとプラットフォームが幅広く、クラウドにセーブデータを保存すれば進行状況を含めトロフィーまで同期可能。UIもおしゃれでミュージシャンや実際に音楽をやったことのある人ほど好きになれそう。
画面も精細で1080pのHULL HD。DLCもいまだに続いていてこのままいくとすごい数になりそうです。しかも一つ買うと各プラットフォームで共有できるのです。
最近ではブラスバンドをクリエイトできるDLCが販売されました。
KuigthqpvfxoVwkKpTxvrazViXTtHiaE.png

まだまだDLC出してほしいなとも思います。

2014/06/27 02:27 [edit]

category: PS4

tb: 0   cm: 0
1402593368386.jpg

前回のレビューバトルフィールド ハードライン(BFHL)感想 続編の続きでございます。

今回は武器のレビューをしていきたいと思います。(β版の感想です。ただしセカンダリを除いたメインウエポンのみのレビュー)
前回記述した通り武器のバランスはまだまだ最悪な状態だと思いました。ここを製品版でどう調整していくかだと思います。
とりあえず武器紹介&感想を。
今作BFHLは各兵科(っていうのかなあ・・・)ごとに武器がまとめられました。まだやりこんでないのと今後変わる可能性もあるかもしれませんが今までのBFと違って各兵科ごとに武器は固定ということです。どういう意味かというとたとえば今作のProfessional(プロフェッショナル)はこれまでのBFでいう偵察兵(スナイパーや各種ガジェットによる支援兵科)に当たります。ProfessionalはスナイパーライフルとDMR(マークスマンライフル)しか使うことができません。つまりもっと言うならDMRは固定武器にされちゃったということです。前作はDMRは汎用武器でしたが今作はProfessional固定。というか各兵科全て固定武器です。ショットガンはEnforcer(エンフォーサー)今までの援護兵(弾配り&LMGトリガーハッピーによる援護兵科)固定となってます。そしてカービンライフルは廃止となりました。まあもともとカービンライフルってのは短銃身化あるいは小型化したアサルトライフルのことを言うので、派生言語としてとれるのでまあ消えても違和感ないですが・・・(じゃあDMRも同じセリフが言えるだろ!ってツッコミは置いといて・・・)
なので武器選択画面にARだとかPDWだとかショットガンだとかスナイパーライフルだとかっていう表示は失せました。各兵科に各武器固定なんでより兵科が際立ち、アンロックの度育ててるって感じでした。でももしかしたら製品版で変わるかもしれないしカービンが復活する可能性もあるかもしれないので、一概には断定できないですが・・・少なくともカービンであるG36Cが今作にARとして出てきているので、やっぱり可能性は低いかなあ。
こうしてみれば自由度が下がったかに思えますが、でも別方面で自由度はあります。たとえばガジェット一枠目はAPGのロケラン、二枠目もスティンガーといったロケラン二刀流とか。BF4では医療パック&バッグで二刀による急速回復なんかやってましたしね。
とりあえず武器紹介いきます。今回はOperator(オペレーター)前作までの突撃兵の兵科武器解説。武器の使い勝手はBF3よりBF4と似た感じでした。移動撃ち精度がBF4同様極端に低下します。前にも言いましたが、まだまだ武器バランスは最悪かと思います。あと武器の感想はあくまで個人の意見です。他の人の意見は参考にしてませんし、なるべく客観的にレビューしようと思いますが多少の語弊はお許しください。


Operator(オペレーター)
前作までの突撃兵

・M16A3(装備品等は私のです)
10275415_339746576177866_4216008556349116238_o.jpg

恐らくオペレーター武器のみならずβ版今作最強の武器かと思います。
移動撃ち精度、良好。レートが高めで命中率と威力も高め。素早くシャープにキルできます。素の命中率も高いため拡散値も良好。加えてリロードも早く、連戦にも強い。これまでと同じトータル高めの性能寄りで、BF3同様最強のオールラウンダーとして君臨しています。その強さは見てわかる通りマルチで最も使われている武器だと思います。大抵キルカメラで倒された武器がコイツです。弱体化もしくは他の武器を強くしてくれないと・・・ 
特に欠点のない武器なので語ることもないかと。バランスブレイカーと呼ばれてもおかしくないですよ?まあ実際の世界でも非常に優れた武器なのはわかりますけど・・・

・AKM
1512118_339746629511194_8766918134983553919_o.jpg

うーん個人的にはオペレーター最弱武器かなあ。
兎に角ブレが酷い!その分瞬発火力がとっても高くてブレても問題ない近距離なら無類の強さですがね。
ブレ大きめで一発ごとの火力が高い連射武器・・・といえばBF4のSCAR-HやACE 52 CQBを連想するとわかりやすいかと思います。
ですがこのAKMはそれらよりもっと個性を強めた状態。ブレはその二武器よりはるかに大きく、一発ごとの火力もとっても高いです。で、ネックなのがブレ!もうタップ撃ちなんかの精密射撃はほとんどできません!という程のブレ状態。汎用性が売りのARから汎用性を取っちゃったかのような極端な奴です。そういう意味では弱い。どうせ近距離限定に絞るならショットガンがあるじゃないですか。結局瞬発火力はショットガンに勝てないし。で、近距離も射手の手にかかればM16A3のレートを生かして始末しきれるくらいだし・・・製品版まで、ブレを落としてもっとおとなしくさせるか、命中精度を上げるか、もっと火力を上げてさらに個性を際立たせるかですね・・・
AKという旧式武器+安価な武器なので、ギャングにもたせるとそれらしい雰囲気になりますね。やはりサイトはロシア製のものを!

・G36C
10489841_339746662844524_4089692362074134567_n.jpg

次世代武器のG36C。私の最も好きな武器です。
BF3ではカービン3強として猛威を振るいましたがBF4では低レート高安定武器とガラリと性格が変わりましたね。今作もBF4と似た性能の高安定武器ですが、個人的にBF4より弱くなった?という感じ。BF4ではブレ小さめなんで初心者向けとおもわれがちですが、G36Cを使ってきた私としては上級者向けだと思います。レートが低くても同じ性格のTYPE-95B-1同様移動撃ち制度が悪いからです(TYPE-95B-1ほどではありませんが)ドットサイトとレーザーサイトをつけて蟹歩きすれば光点にズレが生じるのがわかるかと思います。ということでその点を踏まえてSRみたいな予測射撃を含めたテクニックが要求されるので初心者には向いてないかなあと。元々の精度は悪くないんですがね。静止して撃てばちゃんと当たりますよ。ですが今作はその精度すら奪われてる感じ!M16と比べて弾が拡散してる?こういう低レート高安定武器は精度と高い安定力でスナイパーすら食うほどの遠距離の強みが武器なのにそれすら奪うとは・・・あとは低レートでしかも拡散して当たりにくいっていう火力絶望的じゃんorz その火力の低さで味方にキルは持ってかれるし一人倒すのも時間がかかるのですぐ援軍が来て返り討ちにあったりとキルしにくいです。私は低レート高安定武器好きなのに。自慢話になりますがメトロ鯖でQBZ-95-1で72キル12デス記録したこともあるのに。それでもAKMよりかはましかな。少なくともTYPE-95B-1同様低レート高安定武器を理解し前作同様優れた射手にかかれば至近距離はヘッドショットを狙い、遠距離はなるべく移動せずに静止して撃てばAKMより断然強い。


以上でオペレーターの武器紹介を終わります。トータルで言うとM16一強ってことです。
G36Cの拡散値を下げる、AKMのブレをもう少し抑えるかもっと火力を上げればバランスが良くなるかも。
また次回にエンジニアを。


(追記)
MECHANIC~PROFESSIONALの武器を書いていきます。

MECHANIC(メカニック)
メカニックの装備はバランスが良いです。逆にいうとオペレーターは酷すぎたってことです。
ですがそれでも武器の優劣はついてしまうもの。格ゲーやアクションゲーの強キャラ弱キャラみたいにどうしても仕方のないことなのです。ですがメカニックは少なくともバランスよし。

UMP45
10439425_339746702844520_3077459325297909757_n.jpg

個人的にUMP弱くなった?という体感でした。
うん、まあ今までが強すぎたんだけどね、UMP。
大抵のゲームで低レート高火力、ブレ小さ目で安定感アリ、そしてSMGの機動力を兼ね備えたすさまじい性能でした。私はFPSでUMPが弱い姿を見たことがありません。もう一貫して強武器ってイメージが私の中ではついています。BFにおいても3,4と似た性能で相変わらず強い。今作ハードラインでも、、強い!そして相変わらずのSMGにしては低レート高火力、ブレ小さ目で高い安定感と変わらずSMGの中では個性的な性格。
ですが4に比べると、ほんの僅かですが、弱くなったかな?気づかない人は気づかないんじゃないかな。または単に自分が弱くなったと思い込んでいるか。ちょっとだけ移動撃ち制度が低下してる?気がしました。


P90
10296562_339746732844517_2803798248748814878_n.jpg

まあ、銃器の中では知らない人はいないんじゃないかなP90。それゆえザ・厨武器ともいえる代表格ですね。まあAKさんには勝てないですけどね(笑)
加えて今作はメカニック三種の武器(PDW)の中では間違いなくトップの性能。これは厨武器間違いなしでしょう!
高いレート(比較する他の二種がPDWにしては低レートだからそう感じるだけかも)、その割に高い安定性能、そして高い精度、P90持ち味の大容量の装弾数・・・ 強いです。 そのルックス、知名度と相まって非常に人気になると思います。多分ですが。
とりあえずβ版で全兵科合わせても強武器の中には入ってると思います。


10438128_339746769511180_1541814961604378499_n.jpg

SMGの中ではおなじみウージー(UZI)。
BFなのになぜ今更こんな古い武器が?とも思いますがよく考えるとAKMとかもありますし。ギャングや町が舞台には価格が安く小さい武器が好まれますし。まずそういった映画では安定して出てきますよね。製品版でMac11が出てきそうな予感です・・・!
さて肝心の性能なんですが、体感的にはUMPに似た感じでした。特にこれといって書くこともなく。UZIってこんなにレート低かったんだって新しい発見がありました。それだけです(笑)


以上でメカニックの解説終わり。今回もおなじみのリペアツールは持たせることができますし、ツール廃止してロケラン二丁持ちもできたりなど自由度が高まったメカニック。医療パックで急速な回復ができないうえに、攻撃は最大の防御といった援護兵のような弾幕展開ができないため被弾が怖く、慎重な立ち回りが要求されるのも相変わらず。


ENFORCER(エンフォーサー)
前作の援護兵です。相変わらず弾配りが心強いです。しかもいままでは弾をくれ!弾をくれ!とチャットで叫んでもそれに気づかないといった事例が多かったのです。無視されると弾ゼロのまま、あるいはメインウエポンより性能の劣るセカンダリ武器で戦う羽目にといった事例が多く・・・それはずっと前からそうでしたが。
ですがハードラインはそれに加え、なんと弾を持ってる奴から強制的に弾を出すことができます!これはありがたい!でもなんだか自主的に弾を出してこそ、なんかコイツいい奴感みたいな、繋がってる感じがBFという気がしないでもなく、なんかそのつながりの一つが、薄れてしまったのは、寂しいなとも。

MG36
10371951_339746796177844_885536224906694196_n.jpg
おなじみG36のLMG版。ちなみにG36の短銃身版がG36C。
というかβ版ではLMGはこいつしか使えません。残念ですね。なので比較もできず。
ただ前作の比較ならMG6やM249のようなARの上位互換といわんばかりの、圧倒的強さっていうのは無いですね。
4のLMGからのノウハウなのか4よりブレるし拡散します。これから製品版ハードラインのLMGはこういった性能でいくのか、それともMG6やM249、AWSのような強武器が隠れているのか・・・


870P MARINE MAGNUM
10380884_339746822844508_5895092674538234506_n.jpg

ショットガンの代表の一つとも言えるM870。性能も相変わらず。ポンプなため、発射後に隙があってその分高火力。ワンショットワンキルの、まさにショットガンの鏡ともいえる性能。使い勝手はこれまでの870でOK。
このMARINE MAGNUMモデルはM870の高級モデル。通常のM870と比べ、シルバー仕上げなのがわかりますね。
まあM870といえばやはりポリス側に持たせると雰囲気バッチリですね。


SAWED-OFF SHOTGUN
10487454_339746849511172_4666365249190126810_n.jpg

これまたクラシカルな武器が出てきましたね。こういう武器はギャング側が似合います。
うーんやっぱりこういう短銃身ショットガンは射程が短いのがネック・・・ただでさえ近づかなければならないショットガンがより最接近しなければならず。その前にやられちゃうよっていうのが素直な感想ですね。私なら870P MARINE MAGNUMを選びます。


PROFESSIONAL(プロフェッショナル)
BF4では全く使えなかったスナイパーライフルとDMR(マークスマンライフル)。
全ては忌々しいスキル、防御態勢。胴体ダメージ軽減という壊れ効果。
ホント、あのスキルのせいで単発系武器が総じて弱くなってしまったのは事実です。4が連射武器以外使えないと言われてもおかしくない状況でした。しかしDICEはなんで胴体ダメージ軽減という見ただけでもわかる強力な効果を採用したのかはわかりません。今からでも遅くはないから何かに代わる効果を用意してほしいです・・・!
で、!今作はその防御態勢がとれたのです!つまりスナイパーライフルはワンショットワンキルがしやすく、DMRはより迅速に敵を始末できるのです!むしろBF4では産廃と呼ばれてもおかしくはなかったと思います。

R700LTR
10471195_339746922844498_2905499002094034968_n.jpg

先程申し上げた上記の通り久しぶりにスナイパーライフルの楽しさを味わわせていただきました。凸砂もよし、本来の使い方である芋狙撃も良しと気持ちよくキルすることができます。
猟銃形状のスナイパーライフルはどちらかというと凸向けの性能寄りなんで凸推奨。もし今作でも対戦車ライフルが出てきたら芋でも風当りは前作程じゃないかも。本来の狙撃がしたいという方もこれで安心して芋れそう。


SAIGA .308
5341494741202E3330382E706E67.png

ここより先はDMRとなります。個人的にはこれから下記に紹介するPTR-91のほうが個人的に使いやすかったですね。


PTR-91
5054522D39312E706E67.png

最初からサプレッサーがついている武器ですが取り外すことができます。外したら精度と火力が上がるため外すの推奨。そもそもBFではサプレッサはあんまり付けない派です。CoDなんかはステルスパークとサプレッサーの組み合わせで汚くいくんですけどね(笑)BFは常に四方から狙われることが多いのであってもあんまり意味ないですし、BFはオーディオテクノロジーが最先端で(勿論グラフィックも最先端ですが)音質がとても良いので、ゲーミングヘッドセットを使えば近くでサプレッサの音がしたらどこから撃ったか方角がわかるんですよね。


と、各兵科の武器解説を終わります!流石にβ版も飽きてきました(笑)
今年はついにスマブラが出るのでひっさびさにwiiを出してXをやっている筆者でしたwww



バトルフィールド ハードライン (2014年秋発売予定)バトルフィールド ハードライン (2014年秋発売予定)
(2099/01/01)
PlayStation 4

商品詳細を見る




[Amazon.co.jp限定]バトルフィールド ハードライン デラックス・エディション(10×ゴールド バトルパック&3×ユニーク バトルパック同梱)(2014年秋発売予定)[Amazon.co.jp限定]バトルフィールド ハードライン デラックス・エディション(10×ゴールド バトルパック&3×ユニーク バトルパック同梱)(2014年秋発売予定)
(2099/01/01)
PlayStation 4

商品詳細を見る

2014/06/17 09:30 [edit]

category: BF

tb: 0   cm: 0
1402593368386.jpg

前回のレビューバトルフィールド ハードライン(BFHL)感想の続きでございます。
何だか略称がBFHとBFHLに分かれておりますが、私はBFHL派ですね。
あれからゲームはBFHLしかやっておらず、ようやくルールもわかってきて、リザルトも1~3位の上位に食い込めるようになってきました。実はvitaをここ数か月当分いじっていないのと、トロフィーレベルをまたあげだしたいのとでソウルサクリファイス デルタを買ったのですが、上述の通りBFHLを製品版まで調査しておきたかったので、買って放置な状態です。やはり携帯機はどうしても先送りなんです・・・タブレットやスマホなんかのガジェットは好きですがゲームはやらないですし・・・まあ話がそれるので、本題に入ろうと思います。

ルールがわかってきたといってもHEISTと呼ばれる今作の基本ルールのみとなってます。やはり当面BFをやってきた私にとってコンクエストやTDM以外をやらされるのは面白くない・・・と思ってたんですが、慣れるとルールがわかるとコツがわかると意外とこれはこれでいけるなという感じでした。
まずHEISTのルールですが
大まかにいうと
犯罪者側・・・金の入った袋(二つ)を、A地点、B地点に持っていく。両方の地点にお金をもっていけば勝ち!
警察側・・・A.B地点に持っていくのを阻止する(だけ!)時間切れまで持ちこたえれば勝ち!
どちらかというと警察側のほうがやることがシンプルでわかりやすいです。兎に角キルに専念しましょう。お金は鞄に入っており、マップに鞄アイコンが表示されるので、すぐに追いかけ、強奪を阻止しましょう。
逆に犯罪者側は強奪するのでキルされやすいです。また単純に奪うだけではもちろん阻止されるので、いかに安全に、迅速に目的地までもっていくのを考えたりするのが楽しいですよ!よく使われるのが車で逃走しながら目的地までもっていくスタイルですが、最強はヘリで逃走するスタイルです。空は勿論安全だし、クルマと違って地形にほとんど左右されないためショートカットが可能です。唯一の天敵は工兵のロケランくらいでしょう。うまいヘリ使いは私が鞄を奪ったら近くに低空飛行で静止して乗せてってくれます。ここが仲間とのつながりがあって、形は違えどBFなんだなあと感じます。特にB地点はビル屋上なんでエレベータ+階段、で大幅にロス+狙われる危険性があるので、ここらをまとめてカットできるヘリは最強ですね。
1.
犯罪者側・・・開幕から金庫の入った車が爆破して炎上し、近くに転がってくるので(二台)すぐに爆弾をセットし車の金庫を爆破します。爆破まで時間がかかるのでこの間も警察はビークルで素早くやってきて爆弾を解除しに来るでしょう。まずは、それを阻止します。

警察側・・・金庫を爆破する犯罪者を阻止する(だけ!)もし阻止できなかった場合、2に移行します。まあほとんどの場合阻止できません。あくまで勝利目的の時間稼ぎと割り切りましょう。

2.
ここからが本番。
犯罪者側・・・金庫を爆破したらお金の入った鞄をもって(鞄はボタンを押さずに通るだけで取得できます。お金はクルマ二台あるので二つ分)それぞれA、B地点に持っていきます。もし自分が取得できない場合、もちろん、取得した人の援護に向かいましょう!お金を取得した状態で、もし警察側にやられたらお金の入った鞄はその場に落ちます。ここでうれしいポイントは警察はそれを取り返して戻したりすることはできないということです。落ちたらメーターがあって時間が経つにつれてメータがたまっていき、満タンになって元の金庫の車に一瞬でワープする形で初めて戻っていきます。

警察側・・・犯罪者の奪取を阻止しましょう。当たり前のことですが特に鞄を持った犯罪者を徹底的に狙います。
上記の通り戻す方法がメータをためていくことで戻せます。鞄を持った敵をキルしても近辺を警戒しましょう!また持たれてしまったらリセットです。時間まで持ちこたえれば勝ちです!キルに専念できるのでK/D比率を気にする方は警察の方がうれしいかも。


と。このようにルールを書いていきました。
次回は武器の性能やバランスについて書こうかな。
実は、β版なので武器バランスは滅茶苦茶です。少し触っただけで「これはひどい」と思いました。良い武器と悪い武器との落差が激しい。製品版まで修正もとむ!
次回は武器編です!


バトルフィールド ハードライン (2014年秋発売予定)バトルフィールド ハードライン (2014年秋発売予定)
(2099/01/01)
PlayStation 4

商品詳細を見る



バトルフィールド ハードライン(2014年秋発売予定)バトルフィールド ハードライン(2014年秋発売予定)
(2099/01/01)
Windows

商品詳細を見る



2014/06/15 14:29 [edit]

category: BF

tb: 0   cm: 0
1402593368386.jpg

バトルフィールド ハードライン(以下BFHL)PS4+β版を昨日の夜ちょこっとプレイ。
レビューを書いていきますね。
既にご存知の方も多いと思いますが、今作は警察とギャングが戦う舞台です。戦争ではありません。
ですからBF4の圧倒的な広大さや大規模な戦い、雰囲気を求めるならBF4でしょう。ナンバリングタイトルでないのはここが理由です。いつかBF5も出るでしょう。CoDでいうモダンウォーフェアとブラックオプスのような関係です。BF4とBFHL、今後はこの二つを並行してプレイしていきそうです。
まずメニュー画面。基本的なUIはBF4と一緒で統一性があって好きです。初めてでもすんなり入れました。右上にタッチパネルボタンを押すとバトルログを開けるのも一緒。表示UIも似ていて、ここが統一感あって好き。
DSC_0005.jpg

バトルログ画面です。ここもBF4と似ていますね。操作も全く一緒。嬉しかったのはBF4で不安定なゲーム内バトルログ表示が軽く、しかもエラーになりにくかったことです。BF4ではめんどくさくても戦績はなくなくiPhoneで見ていたのですが、もうゲームでもサクッと見れるまで改善されています。BF4のノウハウが生きてるのかもしれません。
DSC_0006.jpg

で、実ははずかしながらプレイまで五分はマルチプレイができなくて苦戦していたのです。え?決定ボタン押してるのに入れない?まさかもうサーバー負荷?とか考えたりして。
たまたま押したボタンで入れたのです。そう、決定ボタンは×ボタン。そうか!海外のソフトは決定ボタンが×なの忘れてた!こんな初歩的な部分でつまずいたりしてますw(メニュー画面を見てもらったらわかる通り、β版なので完全海外仕様。)
で、兵士をカスタマイズする画面ですごくやりにくかった。サイトやグリップつけるのに慣れるまで結構苦戦しました・・・

気を取り直し早速プレイ!あ、
ルールわかんねえ・・・・
そう、フル英語、しかも今作は警察VSギャングなのでBF伝統のコンクエストのようなものはないです。ルールが全く新しいのです。英語力がない私は無理でしたwせめておとなしく敵キルに専念することにしました。

DSC_0009.jpg
マップロード画面。ニュース風になってました。ギャングが強盗で事件発生!みたいな感じで雰囲気に合ってますね。BGMもそれっぽい。

グラフィックはBF4と酷似していました。BF4と同じFROST BITE 3なのかもしれません。あと、当たり前なのかもしれませんが、人数は少ないです。32人対戦。BF4は戦争なので人数は多ければ多いほどいいでしょうが今作にギャングは32人いると逆に不自然ですよね。
一応初期武器、M16A3さん復活!BF3ではお世話になりました。で、右下に注目。お金が表示されてますよね。今作はレベル上げで解放に加え、お金で購入するシステムになってます。お金はまだ詳しくはわかっていませんが、ゲーム内のお金を強盗をしたりすると手に入りました。他にも入手条件はあると思いますが、まだわかりません。なにせ筆者は英語がわけわかめなんで手探りの状態ですw
DSC_0012.jpg
あと兵科(って今作では言わないよね)はやることも含めこれまでと一緒なんですが。蘇生がBF4に比べ上方修正されました。上の画像に緑色の注射マークで英語で「リバイブ」って書かれてますよね。それが今回の蘇生。
一発撃てば確か体力45%かで復活できます!BF3の蘇生は一発MAX復活という鬼畜性能でしたが、BF4で大幅弱体化、間を取った感じの性能に。やり方は除細動器と何ら変わりません。しかも除細動器同様チャージでMAX復活も可能です。

操作はこれまでと全く同じで違和感なし!走り方が人間っぽくなったw
あと今作は軍隊ではないので普通のクルマがビークルとして出てきます。嬉しかったのがスピード、タコメーターがちゃんと動くんですね!BF4ではキャンペーンしか動かなかったのでうれしい。警察側の車にスーパーカークラスの車があってアクセル全開だとエキゾースト音がかっこいいです。
BF4と比べてやはり小規模な戦いです。まあ逆に大規模だと違和感ありですからね。

とりあえずこの辺でレビューを〆ます。
続きはまた書いていこうと思います。


(続き。こちらも合わせてご覧ください)
バトルフィールド ハードライン(BFHL)感想 続編
バトルフィールド ハードライン(BFHL)感想 武器編



[Amazon.co.jp限定]バトルフィールド ハードライン デラックス・エディション(10×ゴールド バトルパック&3×ユニーク バトルパック同梱)(2014年秋発売予定)[Amazon.co.jp限定]バトルフィールド ハードライン デラックス・エディション(10×ゴールド バトルパック&3×ユニーク バトルパック同梱)(2014年秋発売予定)
(2099/01/01)
PlayStation 4

商品詳細を見る





2014/06/13 13:35 [edit]

category: BF

tb: 0   cm: 2

Fri.

BFHL β版に当選!  



Battlefield Hardline(バトルフィールド ハードライン 以下BFHL)をいち早くやりたくてクローズドβ版に応募したら、見事当選しました。
プレイはまだしておりませんので、しばらくやったら、感想を書いていこうかと思います。

2014/06/13 02:19 [edit]

category: BF

tb: 0   cm: 0

プロフィール

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

検索フォーム

リンク

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。